BLOGブログ
BLOG

甘いだけじゃない!美味しさに癒される健康栗あんぱん🌰

2018/09/15
栗あんぱん🌰

50年以上前の小さい頃、父と一緒に山に行くことが多かった。

山には何でもある。

 

木の実

 

本当に美味しいものがいっぱいあった。

 

父はいつも趣味の山菜の収穫で、家族の多い私の家の食卓を満たしてくれた。

当時私が一番末っ子(七番目)だったせいで、父は私一人連れて山に出かけていた。

 

その時は母が作ってくれた、鶏肉や人参にこんにゃくなどの入った混ぜご飯のおにぎりをほうばるとどんなごちそうより美味しく感じた。

今思うとそれが食べたい為について行っていたのかも?

 

 

父は死ぬまで、時間があればずっと山に出かけ、死んだ場所も山でした。

私は小学校に上がってから、父に付いて山に出かけることもなく今に至っている。

 

だから、その当時美味しく食べた沢山の山の幸をそのあと一度も食べていません。

当時一番好きだったのは、タラの芽の天ぷらで他にわらびやぜんまいの煮物、ユリ根で作った栗きんとんもすごく美味しかった。

なつかしいなぁ~

 

そうだ。

私は小さかったので、秋の山に行く時は山の栗がたくさん落ちていて踏むと痛いからいやだなぁー

と思っていたことも今は、いい思い出です。

 

山の栗って、畑の栗より小さいけど甘くてホクホクで美味しいんです!

 

栗拾いは人気があって、時期を逃すとみんな取られていて収穫が少ない年もあったな。

家に持って帰ってきた栗は、茹でて、小さいから歯でがぶっと半分に割って中身を出して食べていました。

飼い猫のゆきちゃんもすごく栗が好きで、盗みに来てたっけ...❓

 

今年の暑い夏真っ盛りの時に、やっぱり何だかんだ言って私は栗が好きなのか、

秋の新商品にただの栗あんぱんではなく

特別な栗あんぱんを作ろうと思い立ちました!

 

結果からいうと...

 

大  大 の自信作!!!

 

私自身がものすごくはまる栗あんぱんを作り上げました👏👏👏

 

 

どのようなものか説明させて頂きますねsmiley

 

栗あんぱんの菓子パン生地には、江戸川区特産の小松菜を、ジュースの状態にまでせずにその手前の状態でとどめるために、

あえてジューサーではなくフードプロセッサーにかけて形状をのこし、菓子パン生地にわざとやさしい粒々の表情が出るようにしました。

 

小岩のパン屋ノンステップBUSで既にある米粉と小麦粉を両方使った小松菜入りのグルテンハーフの猫型米粉パン(小松にゃあパン)なので、

小松にゃあパンの生地よりも、江戸川区の特産小松菜をふんだんに使いたかったので、1.5倍使用しています!

 

中に包まれているも栗餡、その生地に合うものを選んでいます。

 

そして今回、私がやってみたかったことのポイントが‶ゴマ”です!

 

ただ甘いだけじゃなく、昔懐かしいノスタルジックでとりわけ健康的な栗あんぱんを目指しました。

 

栗といい小松菜といいゴマといい

 

イイコトづくし

 

この栗あんぱんは、大変健康的ですsmiley

 

パン屋ノンステップBUSの新しいイチ押しとして、食欲がない時、忙しい時、一口食べて元気になる気がしてくるパンです。

 

健康あんぱん

1コ130円(税別)

 

今後は、生地にすりゴマを入れたり、金ゴマを使ったりしてより健康に優れたものを作って行く予定で~す!!